これ、いいですよ。

使えます。

紹介したのがいつくらいでしたっけ?それから真似し続けてきてるんですが、続いてます。というより、必須になってきました。

そんなにね、真面目に取り組まなくてもね。デイリーだけで十分いけます。必要な方はプロジェクト用のノート作ってもいいかも知れませんが。

まずノートです。考えるより先に書くぐらいの気持ちでいた方が良い。もうね、「ノートを書くことが人生だ!」くらいに思っちゃっても大丈夫だと思いますね。実際にはそんなことにはならないですから。

考える道筋が自然とはっきりしますし、迷ってる時間を極端に減らせる。PDCAノートという呼び名が大袈裟ですが、これ、書いてると他に必要なものも自然と見えて来るんです。

自分的には、これ以外に必要なのは、TODOリストだけです。

だからノートはデイリーのPDCAページとその中にたまに挟まるTODOリストでどんどん埋まります。

スカスカのページも生まれますが気にしない。書く。

で、資料作成の段階になってやっとPCを使います。

アウトラインから先に考える。そうすることで作業スピードが上がります。最近では、Google Slidesがお気に入りです。

余計な装飾など考えず、ページだけ先に作ってしまって、あとから中身を埋めていく。前の日にページだけ作っておいても精神的に楽です。

慣れるまでは脳が逃げ腰になりますが、慣れてくると快感を覚えてくるのが不思議。いやマジで。

「1冊のノートで行動、思考、結果が飛躍的に改善する」という売り文句は嘘ではないです。少なくとも、

「1冊のノートで行動、思考は飛躍的に真っすぐになる」

ことは体験しました。

課題もはっきり見えてきます。見えてくるというより、まざまざと見せつけられるって感じですかね。自分がどんだけ仕事に埋もれてるか、自分自身のための時間がいかに作れてないか、呆れるほどです。

そのための改善もノートが握ってると思えます。

自分がこんなことを真剣に考える時が来るとは夢にも思いませんでしたが、「効率化」せねばならぬのです。絶対に。

誰のためでもない、自分のために。やりたいことあるんですから。

その時間を作り出すんです。何としても。そのためには仕事を「チャイチャイ」でやっつける必要が、どうしてもある。

簡単な話、「仕事しなきゃいい」んですが、これがまたね、その仕事自体も「やりたいこと」のひとつだから、そうそうおろそかなことが出来ない。

「チャイチャイ」でやっつけつつ、良い仕事もしたいわけで。

なんとまー虫の良いこと考えてるんでしょうねぇ。

とにかくウロウロまごまごしてる余裕がないので、ノートです。

これしかないですね。はい。